ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』とは?特徴・評判・上場情報などを公開!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』とは?特徴・評判・上場情報などを公開!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

 

今回は、ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』とはどんな仮想通貨なのか?特徴や評判、上場情報などを公開していきます。

 

 

 

f:id:random8i_grant:20190115183224j:plain

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』とは?

 

ACDプロジェクトは、すでに2016年12月15日から中華人民共和国(以下中国)で稼働しているインバウンド EC サービス「全日空海淘」(ゼンニックウ・ハイタオ)の世界展開に向けての研究・拡大・充実プロジェクトです。
日本の素晴らしい商品を世界中の消費者に、より確実に、早く届けるために、特許取得済みの事前通関システム「EKKYO.NET」をより多くの国との間でも浸透させていき、日本-海外間での商品の注文から受け取りの間に生じる、様々な問題を解決していくことを目的としています。

 

 

ACDを発行する「株式会社ACD」は、ANAグループの資本31.7%が入る共同企業体です。
主に海外に向けた多言語オンラインショップのASPとして運営しており、12言語・30種類の通貨決済に対応しています。
すでにECアプリもリリースしており、海外向けオンライン販売を行う企業のプラットフォーム構築も行っているメーカーでもあります。

 

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』ロードマップ

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』のACDプロジェクトロードマップは下記になります。

  • 2018年4月トークン配布
  • 2018年5月スケジュール発表 ※6月中旬より随時配信予定
  • 2019年ウォレットサービス開始
  • 2019年多国間にてインバウンドEC開始

 

f:id:random8i_grant:20190115183233j:plain

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』仮想通貨概要・トークンセール情報


仮想通貨概要


トークンセール詳細

  • セール期間中の取得可能枚数: 3 億個
  • ACD の取得対価となる仮想通貨: BTC(ビットコイン)又は ETH(イーサ)
  • ソフトキャップ: 3000 万 ACD
  • ハードキャップ: 3 億 ACD
  • 販売期間: 2018 年 2 月 15 日から 2018 年 4 月 5 日
  • 販売予約受付期間
  • ・ 第1期プレセール: 2018 年 2 月 15 日~
  • ・ 第2期プレセール: 2018 年 2 月 28 日~
  • ・ 第3期プレセール: 未定
  • 交換レート
  • ・ 第1期プレセール: 1ACD = 23 円換算の BTC/ETH
  • ・ 第2期プレセール: 1ACD = 32 円換算の BTC/ETH
  • ・ 第3期プレセール: 1ACD = 未定

第1期、第2期プレセールは終了していますが、第1期プレセールでは、36分間で10億円が完売したそうです。

 

 

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』上場情報

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』は、コインスーパー取引所にすでに上場しており、2018年12月28日16時より取引が開始されました。
取引ペアは、ACD/USD、ACD/BTCとなっています。

 

 

f:id:random8i_grant:20190115183249j:plain

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』市場規模

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』の市場であるインバウンドEC市場の規模は、経済産業省の報告によると、2014年において米国消費者による日本のECを利用した購入額は4,868億(対前年比112.6%)、中国からの購入額に至っては6,064億(対前年比 155.4%)に及ぶといわれており、今後もこのインバウンド EC 市場は大きな伸びが予測されているのだとか。
経済産業省はまた、2017年のレポートで「世界の越境(インバウンド)EC の市場規模は 2020 年までに 9940 億ドルに達する」と予想しているそうです。
海外からの利用者の多くは、メイド・イン・ジャパンあるいは日本ブランドのもたらす信頼性から日本のECサイトを選択するか、または日本に観光で訪れた人が帰国後にインバウンドECを利用して購入する傾向があるとのことで、2020年の東京オリンピックを前に、インバウンドECはまだまだ大きなポテンシャルを秘めているそうです。

 

 

 

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』特許技術

ACDは、「ACDプロジェクト」を支えるために特許技術を多数所持しているので紹介していきます。

・ 特許番号:特許第 6047679 号 (P6047679)「商取引システム、管理サーバおよびプログラム」
登録日 (発行日):2016/11/25 (2016/12/21)
・ 特許番号:特許第 6088100 号 (P6088100)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/02/10 (2017/03/01)
・ 特許番号:特許第 6169296 号 (P6169296)「購入支援システム」
登録日 (発行日):2017/07/07 (2017/07/26)

 

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』まとめ

f:id:random8i_grant:20190115183320j:plain

今回は、ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』とはどんな仮想通貨なのか?特徴や評判、上場情報などを公開していきました。

ANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』は、特許も多数取得しており、巨大な市場規模、すでに上場済み、ANA共同企業体と期待できる要素が多い仮想通貨ですね。
今後もANAが関係していると話題の仮想通貨『ACDコイン』に注目です!

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報・ICO情報を公開!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報・ICO情報を公開!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

今回は、カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報・ICO情報を公開していきます。

 

 

f:id:random8i_grant:20181219200801j:plain

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?

Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

https://disciplina.io/index-jp.html

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

詳しくはこちらをご覧ください。

quanta-passing.hatenablog.com

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ICO情報

「Disciplina(ディサプリナ)」のICO情報について解説していきます。

 

略称:DSCP
ソフトキャップ:7,000 ETH
ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」最新情報

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報がありましたので紹介していきます。

f:id:random8i_grant:20181219200618j:plain

  • 信頼するにふさわしいウェブサイト構築

It is easy today to encounter a great number of educational institutions that either provide low-quality services or are fictitious. The DISCIPLINA project is being created specifically to prevent such institutions from appearing.
To do this, the project team will implement a Web of Trust (analogous to PGP) into the web protocol. Web of Trust will help system participants set their levels of trust in each other.
Thanks to the implementation of this protocol, DISCIPLINA will have no “verification centres” that have an unlimited right to register or, vice versa, refuse the registration of an educational institution.
This system will help recruiters understand which educational institutions are worth cooperating with and which are not. The value of the grade given to a student will depend on the rating of the educational institution at the time the grade was awarded. Thus, it will be easier for people to choose an educational institution, since they will rely on verified reviews and quality ratings.
To understand how participant rating is formed in DISCIPLINA, let’s imagine that several educational institutions (A, B and C) and recruiters (D and E) registered in the system.
A and B are reputable universities that recognize each others’ diplomas, which are highly evaluated by recruiter D. However, the diplomas of university C are only worth the trust of recruiter E.
To calculate the total rating, we need to choose participants whose reputation is undoubted - these are university A (a recognized leader in the field we are interested in) and recruiter D (a company that is famous for its demanding candidate selection). University B will be added to our web of trust automatically, while participants C and E will be considered as untrustworthy.

 

  • DISCIPLINAを分散化させる方法

The reality is that it is difficult to forgo centralization even in a system such as blockchain. For example, in classical PoS models with compulsory delegation, the key organization is responsible for the entire community over a long period of time. Thus, the performance of the entire system depends on this organization, and not on the community.
The project team aspires to ensure real decentralization in the DISCIPLINA network. After the launch of MainNet they are planning to form a token technical pool that will prevent any stakeholder from having a large share (more than 50%).
The technical pool will be formed in such a way that the share of tokens from the total volume of token issue will be 45%, and this will be distributed between three independent organizations.

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:random8i_grant:20181219200600j:plain

今回は、カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の最新情報・ICO情報を公開していきました。

紹介した最新情報を翻訳すると、信用の輪(Web of Trust)システムの実装を行い、レビューや格付け評価によって簡単に教育機関を選ぶことができる様になるそうで、また、DISCIPLINAのネットワークにおいて、完全な分散管理の実現を目指しており、今後の計画ではメインネットのスタート後、どのDisciplinaのトークン所有者も50%以上の大きな保有数のシェアを持つことができないようなシステムの作成を予定しているそうです。

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

 

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

本日は、NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の最新情報について紹介します。

 

f:id:random8i_grant:20190115143736j:plain

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」概要

Wowoo(WWB)はシンガポールで開発されているプラットフォームで、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbit(ワオビット)です。

Wowoo(WWB)が発行するトークンには投票機能がついていて、感動的な成果物を提供した人に対し、投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

quanta-passing.hatenablog.com

 

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表!


NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が
協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表されたので紹介します。

f:id:random8i_grant:20190115143752j:plain

 

2018 Jingu Gaien Icho Festival, sponsored by Wowoo, had ended on 2nd of December with great success. Blessed with the weather, we counted approximately 730,000 visitors, more than last year. During this period, Wowoo’s promotion video was played once every 15 minutes at the venue, and Fuji, our CEO, with our partner company OKWAVE attended lighting ceremony on the 23rd. Moreover, we invited Tsukasa Akimoto, Senior Vice-Minister of Environment, for a speech. Also, members from Kizuna project joined the ceremony and shared the excitement. More than 3000 people visited the Wowoo booth, and many people showed interest in our company’s activities. We thank you all for your great support.

During the event, we conducted a social experiment connecting the blockchain and the culture rooted in our lives at the Wowoo booth. Visitors participated in prayers and donations, and we compiled the contents of the prayers by questionnaire method. We shared the results to Jingu related parties as we publish the information. In addition, the donation was made to the Kizuna Project, which carries out all reconstruction assistance in Japan.

Questionnaire results

Health: 42.4%

Money Luck: 23.9%

Home Safety: 17.4%

Business Success: 5.9%

Academic Fulfillment: 5.7%

Love Fulfillment: 4.7%

In response to the questionnaire results, Jingu related parties gave us a grateful word that the visualization of the wishes of people has great meaning such as the power to connect the hearts of people. Blockchain technology also helps those who have difficulty getting to temples and shrines, and Jingu related parties are looking forward to being able to create new cultures.

We will continue to cooperate with Jingu related parties and produce Shintoism compliant blockchain project. The token generated would potentially increase the real value of our native token, Wowbit (WWB), as an inbound token. We will aggressively continue to arrange more such inbound demands for our tokens with our future cooperation.

 

下記翻訳文

 

この度、Wowooが協賛させていただいた2018神宮外苑いちょう祭りは天候にも恵まれ、昨年より多い約73万人にご来場いただき、大盛況のもと12月2日に終了いたしました。期間中、会場では15分に1度、Wowooのプロモーション動画が再生され、23日の点灯式にはFujiを含め、パートナーのOKWAVEが参加し、環境副大臣の秋元司先生に参加してもらいスピーチを行って頂きました。絆プロジェクトの皆様にもお集まりいただき、大いに盛り上がりました。また、Wowooブースへは3000名以上の方にご来場いただき、多くの方々が弊社の活動に関心を示してくださいました。皆様からの多大なるご支援を賜り心より感謝しております。

イベント中、Wowooブースにてブロックチェーンと我々の生活に根付いた文化とを繋ぐ社会実験を実施いたしました。ご来場者様には祈願や寄付にご参加いただき、祈願の内容はアンケート方式で集計いたしました。この集計結果は、皆様へ公開させていただくと共に、神宮の関係者達にも情報の共有をいたしました。また、寄付は日本国内のあらゆる復興支援を行っている【絆プロジェクト】へ納めさせていただきました。

アンケート集計結果
健康祈願:42.4%
金運上昇:23.9%
家内安全:17.4%
商売繁盛:5.9%
学業成就:5.7%
恋愛成就:4.7%

アンケート結果に対し、神宮の関係者達もこのように人々の願いが可視化される事は、人と人との心を繋ぐ力があり大変意義があると、ありがたいお言葉をいただきました。また、ブロックチェーン技術は、お寺や神社へ赴く事が難しい方々にも助けとなるものであり、新たな文化を創造できる事を楽しみにしておられます。

今後も神宮の関係者達と協力し、神道コンプライアントなブロックチェーンプロジェクトのプロデュースをいたします。そのようなプロジェクトにおいて発行されるインバウンド向けのトークンはWowooのネイティブトークンであるWowbit(WWB)の本質的な価値を高める可能性が高く、我々は今後も提携事業においては引き続きアグレッシブにインバウンド需要を取り入れて参ります。

 

 

引用元:「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」公式ブログ

 

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」まとめ

f:id:random8i_grant:20190115144609j:plain

今回はNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が協賛した2018神宮外苑いちょう祭りでの社会実験の結果を発表されたので紹介していきました。

イベントには、約73万人が来場し、大盛況だったようです。
また、Wowooブースへは3000名以上が来場し、多くの方々がWowbitの活動に関心を示したのだとか。

社会実験は、祈願や寄付に参加し、祈願の内容はアンケート方式で集計したとのこと。

また、寄付は日本国内のあらゆる復興支援を行っている【絆プロジェクト】へ納めたそうで、今後も神宮の関係者達と協力し、神道コンプライアントなブロックチェーンプロジェクトのプロデュースを行っていくとのことなので、楽しみにしておきましょう!

今後もNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」に注目です!

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?ICO特徴やロードマップなど公開!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?ICO特徴やロードマップなど公開!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-


今回は、カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とはどんなブロックチェーンなのか?ICO特徴やロードマップなどの基本情報を公開していきます。

 

 

f:id:random8i_grant:20181219200600j:plain



カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とは?


Disciplina(ディサプリナ)は、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンです。

作業の透明性を実現し、システム参加者が追加した情報の機密性と信頼性を維持する環境を作りだします。

Disciplina(ディサプリナ)は、作業にその他のブロックチェーンを使用しておらず、教育・リクルーティング業界からの要望を受けて開発され、教育・リクルート業界の特殊性に配慮して設計されています。

Disciplina(ディサプリナ)のプロジェクトは、教育とリクルート業界において変革をもたらすと共に、ブロックチェーン技術の効果的な用途を提供することを目的としており、TeachMePleaseチームとCardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが、開発しています。

「Disciplina(ディサプリナ)」の公式HPはこちら

https://disciplina.io/index-jp.html

「Disciplina(ディサプリナ)」のホワイトペーパーはこちら

https://disciplina.io/WhitePaper_jp.pdf

 

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ICO情報


「Disciplina(ディサプリナ)」のICO情報について解説していきます。

 

略称:DSCP
ソフトキャップ:7,000 ETH
ハードキャップ:34,000 ETH又は$15,000,000のどちらか初めに達成された方
利用可能仮想通貨:ETH, BTC, LTC
キャンペーン中のトークン価格:1 DSCP = 0,0005 ETH
トークン最大発行数:95,000,000 DSCP

 


全ての参加者は本人確認プロセス(KYC/AML)を踏まなければなりません。アメリカの国籍を持つ場合には、「適格投資家」の対象となるかどうか確認しなければいけません。
また、DISCIPLINAブロックチェーンを使用するアプリケーションでの支払方法は、DSCPトークンと、DSCPより小さい単位で、小額の支払に使用されるLogicを利用することが可能です。

DSCPトークンは標準ERC20のトークンで、クラウドセール期間中に配布され、DISCIPLINAのMainNetの稼働後に1:1の割合でネイティブトークンに変換されます。

 

教育関連ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」主な特徴


ブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」の主な特徴は下記の4つになります。

 

f:id:random8i_grant:20181219200618j:plain

  1. 個々人の学業成績や資格に関わるデータをデジタル形式で保管し、統一プラットフォームを介してそのデータへのアクセスを提供し、その永続性と信頼性を保証します。
  2. 成績や資格、専門分野で対象者を効果的に検索できるツールが利用できます。
  3. 教育機関が学生の学業成績に関わるデータを収益化できるようにします。
  4. 希望する企業での就職を目指して、最適な教育過程をシステムが用意することにより、キャリアのゴールを達成できるようになります。

 

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」取引所

「Disciplina(ディサプリナ)」の取引所については、まだ公表されていません。

取引所情報が公表され次第書いていきます。

 

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」ロードマップ

「Disciplina(ディサプリナ)」のロードマップについては下記の通りになります。

 

f:id:random8i_grant:20181219200727j:plain

2016年第3四半期:TeachMePleaseのローンチ
2016年第4四半期:学校登録開始
2017年第3四半期:Disciplinaについての構想開始
2018年第3四半期:DISCIPLINAアルファ版
2018年第4四半期:CampusでのDSCPの流れ
2019年第1四半期:DSCPウォレット・ノードAPI
2019年第2四半期:TeachMePleaseでのDSCPトークン支払開始
2019年第3四半期:テストネット
2019年第4四半期:メインネット

 


カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」評判


「Disciplina(ディサプリナ)」の評判については、まだ出ていませんでした。

引き続き評判があり次第書いていきます。

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」市場


次に「Disciplina(ディサプリナ)」の市場は、どのくらいの市場規模なのか解説していきます。

 

f:id:random8i_grant:20181219200742j:plain

米国のEdTech市場は最も大きく成熟しており、年間+4,0-4,4%と緩やかに成長を続けています。
次に大きい市場は中国、インドを中心とする東南アジア地域で、年間17%と勢いがあり、2016年に117億ドルの規模となり、68億ドルであったヨーロッパ市場を抜きました。
東ヨーロッパ市場は、西ヨーロッパに次ぐ12億ドルではあるものの、その成長率は17%と大幅に加速しています。
ロシアは東ヨーロッパ市場の原動力となっており、年間17-25%の成長率を示しているそうです。

[Global Market Insights]の分析によるとEdTech市場の成長予測は、2017年で1650億ドル、2023年には2400億ドルまで増加する可能性があるそうです。

 

 

カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」まとめ

f:id:random8i_grant:20181219200801j:plain

今回は、カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」とはどんなブロックチェーンなのか?ICO特徴やロードマップなどの基本情報を公開していきました。

Disciplina(ディサプリナ)は、Cardano(ADAコイン)の元デベロッパーらが開発しており、教育とリクルート業界のプロジェクトのために開発された多機能型ブロックチェーンで、学業成績や資格を統一形式で登録させることで、プラットフォーム上のすべてのユーザーが利用できる評価システムを構築することを目標としています。

取引所や、評判などはまだ出ていませんでしたが、カルダノの元デベロッパーらが開発しているブロックチェーン「Disciplina(ディサプリナ)」に今後も注目しておきましょう!

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-


本日は、NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の最新情報について紹介します。

 

f:id:random8i_grant:20181127100252j:plain

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」概要

Wowoo(WWB)はシンガポールで開発されているプラットフォームで、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbit(ワオビット)です。

Wowoo(WWB)が発行するトークンには投票機能がついていて、感動的な成果物を提供した人に対し、投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

quanta-passing.hatenablog.com

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介を発表!

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が
「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介について発表されたので紹介します。

f:id:random8i_grant:20181127100309j:plain

We are excited to announce of our new scheduled Wowoo related project.

Due to advancement of internet, large portion of modern commerce has been evolving and shifting its business model to “E-commerce.” It is said that BtoC E-commerce market will exceed $2.6 billion in year 2018. If we are to Include the mainstream CtoC business of recent years, it is predicted that there will be greater growth of the market especially originating from China and United States.

Blockchain technology, which was first introduced to the world by the fundamental of Bitcoin, and as it has shown, is very useful for payments. Like Purse.io, which is known widely from accepting Bitcoin Cash which we support, the service of connecting cryptocurrency and e-commerce will be more present in future.

The project Wowoo deals with will be not only be simple as current e-commerce business, which products and services circulate from one company to another, but also adopt maximum potential of blockchain technology.

The base form will be free-market model. The seller will be able to post wide range of items such as products, services, skills, time, and real-estate. The buyers will be able to use cryptocurrencies as mode of payment, including Wowbit (WWB).

Even considering the growth of e-commerce market of the coming few years, the market will be saturated in matter of time. In addition, it might create difficulty over match making of good products and the buyers due to the diversity of platforms. Thus, integrating blockchain technology and cryptocurrency payment is believed to open new market model.

As we are currently constructing the business model with our partners, we may be able to offer the Sellers to be able to select and accept various currency pairs and manage them inside a wallet. This could potentially offer substantial multi-currency savings opportunity.

Also, there may be a case where in spite of providing good service or products, the Seller may face difficulties due to being categorized by vulnerable groups of the weak of society, according to our existing market principle. This kind of cases would be able to be resolved by innovation, which is connecting and expanding goodness as blockchain has brought in the society.

We aim for creating platform which will also be able to tokenize the products that are sold, with the equipped engine inside the platform which will enable to trade physical commodities and encrypted digital values with service in a set.

We are currently reorganizing variety of business models and focusing on legal reviews with partner companies. We aim to release Beta version by around the middle of 2019 and provide the service including function of issuing tokens within 2019.

Please keep track of the updates via Wowoo Telegram, Twitter, Website, and Blog for further details.

 

下記翻訳文

 

オンライン化が進んだことにより、近代のコマース産業は大半が例にもれず事業モデルをシフトし「Eコマース」としての進化を遂げています。2018年のBtoC型のEコマース市場は2.6B米ドルを超えると言われており、近年話題のCtoC型のビジネスも含めると中国・米国を中心に今後非常に伸び幅があると予測されています。

ブロックチェーン技術は世に初めてその姿を確認させる例となったBitcoinの原理にも示されている通り、「決済」手段として非常に有効であり、Wowooが支援するBitcoin Cashが利用できることでも有名なPurse.ioなど、仮想通貨とEコマースを結ぶサービスは今後ますます登場するはずです。

Wowooが手掛ける予定の新プロジェクトは、既存のEコマースビジネスのように一方から他社へ商品やサービスが流れることに留まらず、ブロックチェーン技術の持つポテンシャルを最大限に取り入れる予定です。

原則はフリーマーケットモデルをベースとする予定であり、出品者は商品、サービス、スキル、時間、不動産など幅広いアイテムを出品することが可能で、購入者はWowbit(WWB)を始めとする仮想通貨を用いた決済を可能にする予定です。

Eコマース市場の持つ数年の伸びしろを考慮しても、マーケットは時間の問題で飽和状態になり、またプラットフォームの多様化によって魅力ある商品も買い手とのマッチングが困難となり得ることから、ブロックチェーン技術の応用と仮想通貨決済を取り入れることで新しいマーケットを切り開くことが可能になると考えています。

現在交渉を進めているパートナーとの動きによっては、出品者は様々な通貨ペアが選択可能なウォレット管理を行うことができ、実質的なマルチカレンシー貯蓄なども行うことができるようになるかもしれません。

また、良いサービスや商品を有していても、既存の市場原理によって社会的弱者にカテゴライズされてしまうがために活躍ができないようなケースも、ブロックチェーンが起こしたように本当に良いものが繋がり広がっていくイノベーションを当てはめることで解決していくことが可能となるでしょう。

将来的には買い手のついた商品は同時に等価トークン化が行われ、実物の商品やサービスと暗号化された電子価値をセットで取引することのできるエンジンを搭載したプラットフォームを目指します。

現在パートナー企業との各種ビジネスモデルの調整や、リーガルレビュー等を行っており、2019年半ば頃までにβ版のリリース、2019年内にトークン発行機能も含めた本サービスを提供できるよう検討中です。

 

 

引用元:「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」公式ブログ

 

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」まとめ

f:id:random8i_grant:20180524150414j:plain

今回はNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が「Wowooブロックチェーンコマース」の紹介について発表されたので紹介していきました。

Wowooが手掛ける予定の新プロジェクトは、既存のEコマースビジネスのように一方から他社へ商品やサービスが流れることに留まらず、ブロックチェーン技術の持つポテンシャルを最大限に取り入れる予定とのことです。

原則はフリーマーケットモデルをベースとする予定であり、出品者は商品、サービス、スキル、時間、不動産など幅広いアイテムを出品することが可能で、購入者はWowbit(WWB)を始めとする仮想通貨を用いた決済を可能にする予定だそうです。

今後もNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」に注目です!

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

本日は、NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の最新情報について紹介します。

 

 

f:id:random8i_grant:20181127100252j:plain

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」概要

 

Wowoo(WWB)はシンガポールで開発されているプラットフォームで、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbit(ワオビット)です。

Wowoo(WWB)が発行するトークンには投票機能がついていて、感動的な成果物を提供した人に対し、投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

quanta-passing.hatenablog.com

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表!


NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」が
ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表されたので紹介します。

f:id:random8i_grant:20180524150414j:plain

Wowoo is going to be a sponsor for ASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEI, which is one of the world’s major fashion event today.

Wowoo aims to create better society by spreading blockchain technology to the world. As we have announced our view towards Entertainment in June, we believe that the entertainment industry would play a significant role in spreading blockchain technology to all over the world because it has the ability to connect people without any boundaries.
Furthermore, speaking of Ichou-festival in Japan, we sponsored and carried out not only the social experiment that connects blockchain and Japanese culture, but also could implement the visualization of excitement beyond cultures and enlarging the circles.

The event where will take place in Taiwan is introducing all kinds of fashions, such as clothes, music, art and technology which creates a culture of future to the world. There are numerous numbers of celebrities to be participating, and many trendy participants from worldwide visits to create new trends at this very event.

https://asia-afa.com/

As a new step forward, we are going to facilitate Wowoo Entertainment as our subproject, and will be announcing of some of our future activities in the future. Please look forward to the event as we will be releasing a collaborative project with a famous Japanese manga artist, who have written several numbers of world-famous masterpieces, as the first shot of our Entertainment project.

In addition, we wish to support the industry of entertainment by utilising blockchain technology, for example to develop casual ideas into an actual project or develop new method of connectivity between the creators and supporters. Therefore, we will be handing out limited edition Paper Wallet to the participants, which will contain Wowbit Classic token which are to be issued on our community, in the wish that our Smart Active Control (SAC) system will be casually used in the near future.

 

下記翻訳文

 

Wowooは、今日の世界の主要ファッションイベントの一つであるTAIPEIのASIA FASHION AWARD 2018のスポンサーになる予定です。

Wowooはブロックチェイン技術を世界に普及させることでより良い社会を創造することを目指しています。6月のエンタテインメントに関する我々の見解を発表したので、エンタテインメント業界は、境界を持たずに人々をつなぐ能力を持っているため、ブロックチェーン技術を世界中に普及させる上で重要な役割を果たすと考えています。
また、日本の伊藤祭りについては、ブロックチェインと日本の文化をつなぐ社会実験だけでなく、文化を越えた興奮の視覚化やサークルの拡大も実現しました。

台湾で開催されるイベントでは、世界に未来の文化を創出する衣服、音楽、芸術、テクノロジーなどのあらゆる種類のファッションを紹介しています。多くの有名人が参加しており、世界中の訪問者からの多くのトレンディな参加者がこのイベントで新しいトレンドを作り出しています。

https://asia-afa.com/

新たな一歩として、私たちはWowoo Entertainmentをサブプロジェクトとして推進し、将来の将来の活動の一部を発表する予定です。エンタテインメントプロジェクトの第一弾として、世界的に有名な傑作を数多く手がけた有名な日本の漫画家との共同プロジェクトを発表する予定ですので、このイベントを楽しみにしています。

さらに、ブロックチャイン技術を活用して、例えば実際のプロジェクトにカジュアルなアイデアを作成したり、クリエイターとサポーターとの間の新しい接続方法を開発したりするなど、エンターテイメント産業をサポートしたいと考えています。したがって、私たちはスマートアクティブコントロール(SAC)システムが近い将来に無意識に使用されることを希望して、コミュニティで発行されるWowbit Classicトークンを含む参加者に限定版ペーパーウォレットを引き渡します。

 

 

引用元:「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」公式ブログ

 

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」まとめ

f:id:random8i_grant:20180417102204j:plain

今回はNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がASIA FASHION AWARD 2018 in TAIPEIにスポンサー企業として参加を発表されたので紹介していきました。

イベントでは、Wowooの新たなるステップとしてWowooエンターテイメントをサブプロジェクトとして立ち上げ、今後様々な取り組みを行う表明を発表するそうで、その第一弾として世界的にも有名な名作をいくつも書き上げた日本の漫画家とのコラボプロジェクトを公開するので楽しみですね。

今後もNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」に注目です!

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がLIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がLIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表!|仮想通貨日誌-現代社会につかれたあなたへ-

本日は、NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」の最新情報について紹介します。

 

 

f:id:random8i_grant:20181127100252j:plain

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」概要

 

Wowoo(WWB)はシンガポールで開発されているプラットフォームで、Wowooプラットフォーム上でやり取りされる仮想通貨がWowbit(ワオビット)です。

Wowoo(WWB)が発行するトークンには投票機能がついていて、感動的な成果物を提供した人に対し、投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

quanta-passing.hatenablog.com

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がLIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了を発表!

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がLIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了したと公式ブログより公開されたので紹介します。

f:id:random8i_grant:20180524150414j:plain

 

We are announcing phase one LIFEX token offering has ended.

LIFEX project is now able to proceed with its project with support from angel investors and pre-sales.

Due to the synergy of related members, LIFEX is capable of covering large area. Also, to successfully build new generation medical platform which does not exist yet in the blockchain field, LIFEX were expecting to set the lead time longer. Considering the circumstances of crypto field and since it is difficult to construct the whole concept of which LIFEX plans, decision of closing the procurement as phase one were made, believing that making progress for realizing projects is the most important factor.

Therefore, LIFEX is announcing and has begun constructing its own blockchain network.

Development will be operated by a team with the core council, Nakamura, CEO of OKEIOS Inc., subsidiary company of OKWAVE. OKEISO’s lifelog information circulation platform, combination of blockchain and decentralized secret storage technology, has high reputation in Japan. Utilizing its knowledge and the brains of various councilors, LIFEX will construct most efficient LIFEX Blockchain Network for handling medical data with authenticity, maintainability and utilization.

The data acquired from blockchain and its analysis results can be used not only for development of specific medicines and preventive medicine by discovering common points such as diseases in the large universe, but also for regenerative medicine and personalized medicine.

LIFEX will bring solutions for the issues occurred from longer lives, increase in medical expenses, negative effects and other problems within the medical industry by sharing big data, which is obtained from blockchain technology to the world, aiming to enhance the development of new medicine, improve and expansion medical industry.

https://lifex.bio/

To create better society from different point of view, we will support LIFEX to bring excitement from medical field. Thank you for the support.

 

下記翻訳文

 

フェーズ1のLIFEXトークンの提供が終了したことをお知らせします。

LIFEXプロジェクトは現在、エンジェル投資家やプリセールスの支援を受けてプロジェクトを進めることができます。

関連するメンバーの相乗効果により、LIFEXは広範囲に及ぶことができます。また、ブロックチェイン分野にまだ存在しない新世代の医療プラットフォームを構築するために、LIFEXはリードタイムをより長く設定することを期待していました。暗号分野の事情を踏まえて、LIFEX計画の全体構想を構築することは難しいため、第1期として調達を終了する決定が下され、プロジェクト実現のための進歩が最も重要であると考えている。

したがって、LIFEXは発表しており、独自のブロックチェーンネットワークを構築し始めています。

開発は、OKWAVEの子会社であるOKEIOS Inc.のCEO、中村氏のコア評議会のチームによって運営されます。OKEISOのライフログ情報流通プラットフォームは、ブロックチェインと分散秘密ストレージ技術の組み合わせで、日本で高い評価を得ています。LIFEXは、その知識と様々な評議員の脳を利用して、信頼性、保守性、および利用性を備えた医療データを扱う最も効率的なLIFEXブロックチェーンネットワークを構築します。

ブロックチェインから得られたデータやその解析結果は、大宇宙での病気などの共通点を発見することで特定の医薬品や予防薬の開発だけでなく、再生医療やパーソナライズド・メディカルにも利用できます。

LIFEXは、ブロックチェイン技術から得られる大きなデータを世界に共有し、新薬の開発を強化することを目的として、長寿命、医療費の増加、医療上の負の影響などの問題を解決するソリューションを提供し、医療産業を改善し、拡大する。

https://lifex.bio/

異なる視点からより良い社会を創造するために、私たちは医療分野からの興奮をもたらすためにLIFEXをサポートします。サポートしてくれてありがとう。

 

 

引用元:「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」公式ブログ

 

NEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」まとめ

f:id:random8i_grant:20181129132240j:plain
今回はNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」がLIFEXトークン・オファリングのファーストフェイズ完了したと公開されたので紹介していきました。

更にLIFEXによる独自のブロックチェーン・ネットワークの開発を開始したそうです。

LIFEXは、寿命が延びたことによって発生している問題や医療費の高騰、そしてその他医療業界における様々な問題や弊害を解決すると共に、ブロックチェーン技術によって構築される膨大なデータを全世界に共有する事で、新薬の開発を促進し、医療業界の発展と改善を目指すそうです。

今後もNEO創始者が参画している仮想通貨「Wowbit(ワオビット)|Wowoo(WWB)」に注目です!